社会

密猟者、ライオンに仕留められる

投稿日:

【AFP=時事】南アフリカ北部の有名な野生保護区付近で10日、人の頭部などが見つかり、警察は12日、密猟者とみられる男がライオンの群れに襲われ、体のほぼ全てを食べ尽くされたという見方を示した。

現場は同国北部リンポポ(Limpopo)州フッドスプルイト(Hoedspruit)に近い「クルーガー国立公園(Kruger National Park)」そばの禁猟区。茂みの中に人体の一部が発見された。同域一帯では近年、密猟が増加しているという。

リンポポ警察報道官は、「被害者は同禁猟区内で密猟を行っていた際に、ライオンに襲われ死亡したとみられる。ライオンは遺体のほぼ全部を食べ尽くし、頭部などほんの一部のみを残した」と述べた。

遺体のそばには弾が装填(そうてん)された狩猟用ライフルも見つかった。警察は被害者の身元確認を進めている。

南アフリカの禁猟区では、サイが密猟の標的になることが多い。これはサイの角に薬効があると信じられている中国やベトナムなどのアジア諸国で需要が高まっているためとみられている。【翻訳編集】 AFPBB News

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000036-jij_afp-int

名無しさん ID:vDOInLsN5
流石ライオンいい仕事しましたね、

名無しさん ID:3qFKBQvnT
別にライオンはなんも悪いことしてないからね。
自ら餌になりにいったようなもんだわ。
名無しさん ID:CdvMPUzXI
さすが百銃の王
名無しさん ID:wHyegYNyv
狩るつもりが狩られた。密猟者ゆえ誰にも知られず人生を終えた訳ですね。
名無しさん ID:4upgu2R8k
因果応報という事か
名無しさん ID:6Zy5fftd0
アホかなと思う
名無しさん ID:tGKuteDfZ
背後から襲われた感じかなぁ・・自然界からの反撃ってとこか。
名無しさん ID:FMp7tjwNP
気の毒とも思うがしかたないかも。
名無しさん ID:dzg9HoAnD
密猟者は当然ゆるせないが、
スポーツハンティングの方がまだ悪辣。
自分は安全なところから娯楽のために無垢の動物を殺す
メシのためでもないしリスクもとらない。
名無しさん ID:pFVLGttVt
密猟者なら何の問題もない。いい仕事したねライオンさん
名無しさん ID:uQEc5Jz3C
密猟者なら自業自得
名無しさん ID:QxPCjIJ5A
弱肉強食。自然の摂理ですね。
名無しさん ID:2DvejODDq
立派なライオンですね。これからもよろしく頼むぜ(^o^)/
名無しさん ID:eJaQiUwcg
「密猟」の画像をググると、いかに密猟が残虐なものかがよくわかる。サイに関しては、2007年から急激にイリーガル・ハンティングが増加し、ピークの2013年には1215頭が犠牲になっている。
サイの角は漢方薬として珍重される。
つまり、背後には中国の経済発展が絡んでいると見える。

密猟者はマシンガンでサイやゾウの動きを鈍らせ、
ゾウの場合はチェインソーで牙を収奪するために顔丸ごと切り落とす。非常に残酷だ。

象牙やサイのツノが高値で取引されることに味をしめた密猟者は
どこから報酬を得ているのか、その根源を断つ必要がある。

名無しさん ID:9dciKXKN3
密猟者なら仕方がないかと思ってしまった。
名無しさん ID:ljSUK3DlT
人間が決めた法律や規則により禁猟区とされていた場所での密猟行為でやられたというのは皮肉というか、自業自得としか言えない。
返って非難を浴びるだけなのだから報道しない方がよかったのではないかと一瞬思ったが、この報道が抑止力になるのなら意味はあるか。まぁ神は見ているということだな。
密猟者よこれに懲りて密猟は違法なんだからやらないことだな。

名無しさん ID:xpxwJ8wUJ
これは、ライオンに同情する。
密猟する方が悪い。
人気のライオンも殺されているし
ライオンの怒りだね。
名無しさん ID:T6JWX7HVI
それで良いと思うけど、おとなしく暮らしてる動物にライフル持って命取りに行ってるんだから、逆に命取られても自業自得としか感じないけど、娯楽や遊びで他の生き物を殺すって俺には理解できん!
名無しさん ID:OALopbVxv
ミイラ取りがミイラになる。
やってはいけないという、いい教訓になりましたね。
ライオンさん、本能だもん、しょうがない。
名無しさん ID:0Gq0pgO5l
ライオンも殺られっぱなしじゃなくて、たまには勝ちも有ると言うことですね。
でも、飛び道具を使うにんげんとはまだまだハンディありますね。
頑張れライオン!

-社会

Copyright© Isoまとめ , 2018 All Rights Reserved.