動画ニュース

トップニュース 錦戸亮「トレース」18年前の誘拐、堅調10・0%

投稿日:

トップニュース 錦戸亮「トレース」18年前の誘拐、堅調10・0%
https://www.youtube.com/channel/UCfEYb-QBbjsm0dc64euqJEQ?sub_confirmation=1 鑑定のために土を運び出す沢口ノンナ(新木優子)(C)フジテレビ  写真を拡大 4日に放送された、関ジャニ∞錦戸亮(34)主演のフジテレビ系連続ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(月曜午後9時)第5話の平均視聴率が10・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。前回は11・0%だった。初回から12・3、11・8、9・6、11・0%と推移している。舞台となるのは科学捜査研究所。錦戸演じる科捜研法医研究員の真野礼二は、ある陰惨な過去を持っている。「鑑定結果こそが真実」と冷静沈着。主観や臆測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく。原作は累計40万部突破の人気コミック「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」。第5話では、真野(錦戸)のもとに、捜査一課から鑑定依頼が届く。黒鷹山の山道付近で殺害遺体が発見されたのだ。被害者は、スナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)。死因は頭部を強打されたことによる脳挫傷で、死後3日が経過していた。遺体の周辺から見つかった毛髪のDNA鑑定を行った沢口ノンナ(新木優子)は、それが18年前に誘拐され、そのまま行方不明になっている幼児のものであることを知る。18年前に起きた『鶴竹町幼児誘拐事件』は、スーパーで買い物中の母親・島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウちゃんが誘拐された事件だった。彩花と父親の彰(山中聡)は、誘拐犯からの指示に従って身代金を届けた。だが、コテージにはその姿はなく、代わりに誘拐犯と思われる暴力団の準構成員・神崎徹(石垣佑磨)の遺体があった。彩花たちはそこで初めて警察に通報したが、結局ユウちゃんは行方不明のまま。身代金も消え、神崎を殺した人物の正体も分からなかった。遺体で見つかった奈津美が、18年前に鶴竹町に住んでいたことが判明する。真野は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしいと声をかけた。

-動画ニュース

Copyright© Isoまとめ , 2019 All Rights Reserved.