動画ニュース

ニュース JASRAC、EU著作権新指令の経過報告 プラットフォーマーのバリューギャップ解消へ

投稿日:

ニュース JASRAC、EU著作権新指令の経過報告 プラットフォーマーのバリューギャップ解消へ
https://www.youtube.com/channel/UCL-rMWvZNUwCU2c28F9R-5w?sub_confirmation=1 拡大写真 CISAC アジア太平洋地域代表のベンジャミン・グー氏(左)とCISAC(著作権協会国際連合)事務局長のガディ・オロン氏  日本音楽著作権協会(JASRAC)は4月2日、欧州議会が「デジタル単一市場におけるEU著作権新指令」(EU新指令)の最終案を3月26日に正式に承認したことを受け、CISAC(著作権協会国際連合)事務局長のガディ・オロン氏、CISAC アジア太平洋地域代表のベンジャミン・グー氏、CISAC アジア太平洋委員会委員長の渡辺聡氏、JASRAC 理事長の浅石道夫氏による説明会を開催した。【一覧表】2018年度のJASRAC使用料徴収・分配見込み■全世界のSpotifyやAmazonの支払額はYouTubeやFacebookの4~17倍 本指令は、CISACおよび欧州における創作者コミュニティが3年以上にわたる活動の末にもたらされた成果であり、その内容には動画投稿サイト等におけるサイト運営者がコンテンツ利用の主体であること、また同サイト運営者が違法コンテンツ利用を防止する義務、著作権者への適正な報酬を支払う義務を負うことなどが明示されている。 ネット上での実効性のある著作権保護を働きかけてきたCISACのガディ氏は、「価値の移転」(バリューギャップ)の解決が今回のもっとも大きなポイントとする。「価値の移転」とは、オンラインコンテンツ共有サービスなどが創作物の利用から利益を得ている価値に対して、創作者に還元される価値が少ないという不均衡に根ざしており、コンテンツに投資したり、生み出したりすることのないプラットフォームサービスが個別のユーザーにコンテンツを利用可能にするという、「創作者からプラットフォームへの価値の移転」を指す。これが今日の問題となっており、新指令は対処している。

-動画ニュース

Copyright© Isoまとめ , 2019 All Rights Reserved.