動画ニュース

コンプレックス文學 その二 親中派・宮根誠司の正体を暴露。  全文↓記載。作・日本エドワード・ゴーリー協会。

更新日:

コンプレックス文學 その二
本当に私はスキニージーンズの似合うアジア系美男子が羨ましく思う。コンプレックスを誤魔化すためについつい本を買ってしまう私だが宗教法人・幸福の科学の霊言(イタコ芸)本を書店で見ると本をなめるなよと心底思う。金の力がこれほど宗教をダメにするとは。はてさて正当な宗教を弾圧するといえばチャイナチファシズムだが。

明の張岱が上梓した随筆「陶庵夢憶」にも出てくる秦淮河(しんわいが)は明の時代からかわりはて今や工場排水による水質汚染がひどく、毒々しいピンク・茶色・水色に染まり、正に共産主義・マルクス主義とは道教寺院・仏教寺院を自然をこなごなに破壊して、そこに無機的な何らかの生産工場を建て人々を雇用し人民を奴隷のように昼夜働かせるものである。またマルクス主義・共産主義はユダヤ教の亜種である。カトリック的な教会堂や偶像崇拝も禁じている。また汚染しきった秦淮河で獲れた奇形魚はなんと冷凍のフライとか「格安商品」に化け日本に入ってくる、発がん性マックスの危険食品だ。また日本の学校教科書では中島敦の山月記や韓非子の「矛盾」など中国の文化・文学・古典は素晴らしいと洗脳が行われている。中国は安全な国だと思い込んでいる。これでもあなたは日中友好といいますか?。南京大虐殺を信じますか?よく習近平は明を取り戻すと大言壮語できたものだ。中国のトップが中国史・中国文化を知らないのである。

チャイナチファシズムのチベット・ベトナム侵攻、ウイグル人や法輪功の臓器売買に人体標本ビジネスとあらゆる非道をくりかえす鬼畜のチャイナチファシズム。医療や解剖マニアに売る。とくに吐き気をもよおす人体標本ビジネスなどの実情も知らずに中国人観光客におべっかして中国人客爆買いを気色悪い関西弁でよろこんでいた宮根誠司こそ日本の恥ではないか?。何がコメンテーターだ?
爆買いを礼賛したチャイナチファシズムの金魚・宮根誠司!!
なぜこういったゴロツキ鬼畜外道がコロナに感染して苦しまないのか?日本の民放は世界最低レベルである。私は宮根誠司がコロナで苦しんでいる姿を想像しそこに心底「美しい景色」「テレビの浄化」をみる。はやくコロナに感染してもがき苦しんでほしいものだ。そもそも武漢に「ウイルス研究所」なるものがそんざいしていることこそおぞましきの証拠だ。日枝神社側からみごとな歴史ある山門をくぐり、五百羅漢・多宝塔とつづく喜多院に宮根誠司なるチャイナチファシズムの傀儡をいれたら喜多院が一気に腐る。神聖な空気が濁る
日本が中国に占領されたら私の地元の新河岸川沿いも工場たちならび、緑・ピンク・水色の化学物質を川に垂れ流し地獄と化すだろう。外来種のミドリガメもアメリカザリガニもすめなくなる。
そうなれば、もへい地蔵や蓮光寺の総門などの文化財も消えてしまう。文化財が残っているだけありがたい。

日本とチャイナチファシズムは違うのである。

日本エドワード・ゴーリー協会。

-動画ニュース

Copyright© Isoまとめ , 2020 All Rights Reserved.