社会

老後に必要な費用は4,200万円

投稿日:

定年を迎えた60歳以上の自己破産が増えています。

この世代の自己破産を「老後破産」と呼び、メディアでも度々取り上げられるようになりました。全体の破産債権者数は減少傾向にある一方で、老後破産は増えているようです。老後破産に陥らないために、老後破産の原因や、老後を迎えるまでにどのような対策が有効なのかを考えてみましょう。

まず、老後に対してどれくらいの人が不安を感じているか調べてみました。

内閣府が、日常生活の中で「悩みや不安を感じている」と答えた3,986人(全国18歳以上)に悩みや不安の内容を聞いたところ、「老後の生活設計について」と挙げた人の割合が53.5%でした。以下、「自分の健康について」(52.1%)。「家族の健康について」(42.1%)、「今後の収入や資産の見通しについて」(39.7%)と続きました。

実に回答者の半数以上が、老後の生活設計について不安を感じていると回答しています。なぜこれほどまでに老後に不安を感じている人が多いのでしょうか?

参考URL:内閣府「平成29年世論調査(5)日常生活での悩みや不安」

老後に不安を感じる理由のひとつが、老後資金の必要額が高額であるからです。

ファイナンシャルフィールドに掲載中の「ゆとりある老後生活を望むなら、貯蓄額4200万円?」を参考に、老後資金の必要額をみてみましょう。

老後の費用は一般的に65歳以降の費用と考えます。老後の高齢夫婦無職世帯の平均支出は、総務省「家計調査」(2016年)によると月約24万円です。
旅行やレジャーなどを含めるゆとりある生活費(生命保険文化センター。平成28年度)の平均金額は、月約35万円とされています。

総務省「家計調査」(2016年)によれば、世帯主平均年齢73.2歳で二人以上の無職世帯の実収入平均は約21万円です。

実収入平均の21万円から支出平均を引き、補填すべき貯蓄額を出してみましょう。毎月約24万円支出するならば、マイナス月3万円なので、年額であと36万円が必要になります。仮に65歳~90歳までの25年間と考えると、合計で900万円の貯蓄額が必要です。

また、ゆとりある生活を望む場合は毎月約35万円の支出になるので、マイナス月14万円。65歳~90歳までの25年間だと、老後に必要な費用は4,200万円となります。

夫婦で65歳までに4,000万円以上を用意しなくてはいけないとなると、不安になるのも当然かもしれません。これは平均的な例なので、もし収入が月21万円に満たなかったり、支出が毎月35万円以上かかったり、90歳よりも長生きするならば、さらに資金が必要になります。また、いくら貯蓄していても、お金の使い方に問題があれば破産してしまいます。

様々なケースが想定されるため、十分な資金を用意していても老後の不安が解消されない人が多いようです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00010002-ffield-bus_all

名無しさん ID:wa2Jy6788
月35万って。
うちは今でも親子四人で賃貸住宅で月35万で生活しているのに、持ち家前提、年寄り二人でそんなに使うかな?
うちの両親も年金二人合わせて20万くらいで、市営住宅で家賃払いつつ、悠々自適の生活していたよ。老後貧乏煽り過ぎ。
記事としては目を惹くタイトルが大事なのかも知れないが。
名無しさん ID:UlnXxhTfN
今もギリギリの生活をしているのに老後どころではない。どのくらいの人がゆとりある老後資金を用意出来るのだろうか。
平均所得の人も贅沢ではなくていいので普通に生活を出来ればと思う。
名無しさん ID:s8eZLmXPC
心配しなくても、75歳を過ぎるとゆとりある生活モデルは必要なくなります。旅行なんてとてもする気にはならないし、元気でありお金もあれば使っても、元気かお金かのどちらかは無くなるでしょう。総務省は、相続税に課税したくて、年金を貯金させようと企んでいるのかもね。
名無しさん ID:nDgrdpbqp
ライフプランセミナーとかいうところでは、女性が5000万、
男性は7000万とか言ってた。思わず仰け反ったわ。
全く別の世界の話だね。こうやって人々の不安を煽るの、
やめてほしい
名無しさん ID:LOBFcAXx5
タイトルを見て、貯蓄額から老後破産の傾向を示すのかと思ったら、タイトルの前半と後半は別記事のようなものでしたね。老後破産をしてしまう人の共通点が、「時代の流れの変化に苦しむ自営業者で、生活レベルを落とせない人」って、何の参考にもなりませんでした・・・。
名無しさん ID:7wN5qz8z3
ほんとこの手の記事って意味ないよな。
今後貨幣価値が変わる可能性だってあるんだし
2〜30年後に今の常識なんて全く通用しないんかもしれない。
名無しさん ID:vH8kpKUFJ
こういうくだらない試算やめればw
人には色々な背景がある。
しかも夫婦となればなおさらです。
資産家もいれば貧乏生まれだけど成功した人もいる。
格差なんか生まれた時からあるわけで
当たり前の事。
幸せな老後は十人十色。
名無しさん ID:4uZlDPYfx
年金支給年齢が財政再建もしない政府のせいで
いくらでも引き上げられる状況下では、いくらあれば安心とか
絶対にない
名無しさん ID:gAEYDVRNn
ひと月前の同じような記事が3000万が基準だったのが4000万に増えてますね このままいくと1年後は1億ですかのライターさんも金額を上げて記事を読んでもらおうと躍起ですね もう少し現実的にお願いしますわ
名無しさん ID:YZ1N5ScRl
屋根があって飯が食えて健康ならそれでええ
名無しさん ID:wR211gQum
年寄りになると物欲も食欲も無くなり、人との関わりも新しい情報も不要になりますので、夫婦で月に20万円有れば十分です。35万円必要な人は年寄りじゃないです(笑)どんどん働いて稼いで頑張って!
お金は若いうちにいろいろ経験するためにどんどん使ってしまい、残さない方が賢明です。下手に家や土地、財産を残すと子供達が争奪戦を繰り広げて悲しいですよ。
名無しさん ID:5ET3flT4a
この写真、本当は年寄りじゃないな。
なんかおかしい。
そこが気になりました。
名無しさん ID:N2gSHje77
ここで言うゆとりある生活ってどんなの?
現役だってそれほどたいした生活してないのに、老後も困らない程度ならここまで必要ない。それを下流というならそうかもしれないが。
名無しさん ID:PxpHsvQcO
そりゃあ老後にお金がいくら必要か考え出したらキリが無いし、4000万は理想的な金額だがそうなると子供を産まず持たず毎日節約生活して貯めるか、それだけ稼げる人になるか、運良く宝くじに当たるか…ぐらいしか方法無いよ。
名無しさん ID:yVMxUtbfM
年金貰える歳も今後引き上げだろうし
税金も増える
年金年齢引き下げで税金も下げて欲しい
でないと余裕な老後は難しい
名無しさん ID:K1r9Uy4NC
初老の老人です。貯蓄は3000万あります。
一人暮らしで持ち家でローン・借金はありません。この記事、基準が間違っている。生活費は月10万円で充分です。

それ以外の出費は結構多くて一番は住宅補修費用です。築35年の我が家は外装・内装のリフォーム及び倉庫の交換、下水の修繕で300万円ほどこの5年で掛かりました。

それでも月で割れば5万円です。ここ3年はリフォームは0です。

年金が手取り18万円、余ります。

月35万円はあまりにもオーバーな書き方です。

名無しさん ID:iOib7D8nq
自分の親を見てると、持ち家さえ確保できていれば、夫婦2人で月20万も使わない感じですね。
車を持たない、外食をしない等、基本的な生活スタイルを守っていれば、たまに温泉旅行行ったり、ゴルフもやってりできてます。
ゴルフは車が必要で金がかかる印象がありますが、近くに練習場があれば自転車で早朝打ち放題1000円とか、コースも練習場の月例だとバスの送迎があるので車がいりません。
あまり金額に踊らされず、自分のライフスタイルと良く相談することです。
名無しさん ID:uUYN7J1Vg
まるで老後のためにあるような人生だな そもそも70や80になって何に金を使うんだ 日本が長期にわたり不況だったのは老人が金を溜め込んで老年期でありながら将来が心配だと貯金を手放さなかったからだ 金は使うものだ 違うか?
名無しさん ID:2HPPlN5v4
今の時代の現役世代は、年収300万昇給なし退職金なし年間休日80日程度がスタンダード。
生涯賃金1億2000万で、どうやって4000万も残すんだろう?もしかして東京だけの記事なのかな?
名無しさん ID:rTa3kYRCK
>定年を迎えた60歳以上の自己破産が増えています。
ソースは?
よしんば増えていたとしても、高齢者人口が増加したためか、高齢者層の中で破産者割合が増加したためか、いずれかによって話の展開も異なる。
開口一番、断定的にいうのは、必要以上に不安を煽っているのも同じ。

-社会

Copyright© Isoまとめ , 2018 All Rights Reserved.