動画ニュース

「フェイクニュース」トランプ氏未納税報道に猛反発(2020年9月28日)

投稿日:

トランプ大統領が大統領に就任する前の15年間のうち10年間、所得税を納めていなかったとアメリカのメディアが報じました。トランプ大統領は「デマでインチキだ」と猛反論です。

 この週末、新しい連邦最高裁判事に保守派のエイミー・バレット判事(48)を指名したトランプ大統領。今回の人事で保守層と女性票の獲得を狙ったとみられるトランプ大統領。ここへきて新たな疑惑が浮上し、火消しに追われています。
 アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」は20年以上にわたる納税資料を独自に入手して分析した結果、トランプ大統領は就任前の15年間のうち、10年分の所得税を納めていなかったと報道。利益よりも損失の方が多かったと申告していたということです。
 これまでビジネスで成功した資産家だと豪語してきたトランプ大統領に対し、ニューヨーク・タイムズは「慢性的に巨額の損失を抱えるビジネスマン」だと指摘。大統領選に当選した2016年と就任1年目の2017年は納税したものの、その額はいずれも約7万9000円だったとも報じています。
 報道をフェイクニュースと否定したトランプ大統領ですが、歴代大統領が応じてきた納税記録の公開を拒否し続けています。現在、過去の納税申告については当局による監査が行われていて、それが終われば公開するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

-動画ニュース

Copyright© Isoまとめ , 2020 All Rights Reserved.