社会

【驚愕】虐待から救われたミニブタ、引き取った夫婦が殺して食べてしまった

投稿日:

その知らせは、動物保護団体の職員たちを驚愕させた。

自分たちが動物虐待から救ったペットのミニブタ、モリーを、引き取った夫婦が殺して食べてしまったというのだ。

猿がヤンキー化するとこうなる。「動物写真コンテスト」が二度見するしかない面白さ

「あまりのショックで心が張り裂けそうでした」

モリーを保護したカナダの動物保護団体「プリベンション・オブ・クルエルティー・アニマル(SPCA:動物への残酷行為防止)」の職員、レオン・デイヴィスさんはカナダの放送局CBCの取材にこう答えた。

「私たちは、施設や支部で保護した全ての動物に愛情を感じていますから」

モリーはベトナム・ポットベリー・ピッグという種類のミニブタ。モリーも含めたミニブタたちは2017年夏、虐待を受けていたところをSPCAに助けられ、デイヴィスさんら職員の看護のかいあって回復した。

カナダのニュース番組「グローバル・ニュース」によると、モリーは1月の半ばにカナダ・バンクーバー島に住む夫婦に譲渡された。

SPCAの職員は、モリーをとてもいい家庭に預けることができたと思ったという。しかし、それからわずか数週間後、バンクーバー島に住むブランディ・マックイーさんが、モリーが食べられたことを示唆するFacebook投稿を発見した。

その投稿によると、夫婦はミニブタをトレーニングして飼い育てるのは難しいと気付いたため、殺して食用にしたようだ。

SPCAは警察に連絡。警察からは、家族がモリーを殺して食べたとは確認できたが、モリーが人道的な方法で殺されたため、刑事告発は無理だと伝えられたという。

「カナダではペットを殺しても罪にならないという現実があるのです」とSPCAの広報担当者はPeople誌に説明した。

モリーを譲りうけた夫婦は、「豚を食用にしない」と描かれた契約書にサインしていたという。

夫婦は、SPCAのブラックリストに記載され、今後同団体から動物を譲り受けられなくなる。

デイヴィスさんは「モリーを育てられないと思ったのであれば、食べるのではなく返せばよかった。SPCAは喜んでモリーを引き受けた」と述べる。

マックイーさんも「友人のひとりがモリーを引き受けて安全な場所にうつすと申し出ていた」とハフポストカナダ版に話した。

ポットベリー・ピッグは知能指数が高くて人懐っこいため、ペットに向いているといわれている。しかし、ペット用豚のあっせん団体「ピッグ・プレイスメント・ネットワーク」によると、ブタの寿命は12~15年で、体重は約36~70キロ超になるため、飼うのは必ずしも簡単ではない。屋外も含む広いスペースや豚が住みやすい住居、豚を診察できる獣医が必要だ。

ミニブタはその名の通り、家畜用の豚より小さいが、マイクロブタと言われる数キロにしか成長しないブタとは違って、食べる量を制限して小さく育てない限り大きくなる。

有名なペットのミニブタ「エスター」は、227キロまで育ってしまったとして話題になった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00010002-huffpost-int

名無しさん ID:VIZdOhBQk
豚は食べるものかもしれないけど、この場合は愛情持って育てるという確約があって保護したもの。しかも食べないという書類にサインしていた以上、悪意としか思えない。最初から食べる気だったな・・。ちゃんと罪に問わないといけないと思う。詐欺罪とか。
名無しさん ID:L7tpAokmb
飼うために救い出したのかと思ったら食ったのか。。。ショックというか驚愕
名無しさん ID:8OFPOnvoa
え?!二回読みなおしたけど、二回驚いた。
名無しさん ID:kUkrOtoW0
人道的な殺し方を説明して欲しい。
名無しさん ID:GBwR2syYY
契約してたし、ダメなのはわかってるでしょ?!
返さなきゃいけなかった!
人道的なんて言い訳までしてほんと許せない。
それならいいとでも思ったのも許せない
返すのが面倒かったとかじゃないの?
最低
名無しさん ID:SHbt1xrwO
一度は救われた尊い命なのにさ、
その命が繋がれた意味や責任の重さを
いとも簡単に裏切ってしまうなんて
酷すぎるよ。あまりにも無情すぎるよ、じゃ、食用としての家畜はどうなの?って話題になるし、、綺麗事ばかりも言っていられない事実もあるけどさ、なんだろ、人って自分都合で、
簡単に裏切る事ができるもんなのかな、
ほんとに悲しい記事だね。

名無しさん ID:4NR51Dl4E
カナダの法律はともかく譲渡時の契約書も無効になるの?
それとも契約書には契約不履行があった場合に関しては何も記載されていなかったってこと?
名無しさん ID:qu2vfCv6D
言葉が出ないほど、驚き、引いてしまう。
カナダの夫婦が許せないし、軽蔑する。
名無しさん ID:CAH7fHoEt
人道的な方法で殺されたってところが、せめてもの救いか。
虐待から助けてもらったと思ったら食べられるってホラー映画並みの結末だけど、食用かペットかの距離感は難しい。昭和の頃は鶏を飼ってて子供はペットとして育ててるんだけど親は食用として育ててたから、突然いなくなった時はショックだったって話しを聞いたことがある。
経済動物というか適切な距離感で育てていたら、ショックも受けなかったんだろうな。愛護団体は養豚業者じゃないから当然ショックだろう。

名無しさん ID:bny9sMseh
人道的な方法とは?
名無しさん ID:hvlOLAmVv
「モリーを育てられないと思ったのであれば、食べるのではなく返せばよかった。SPCAは喜んでモリーを引き受けた」まさにこの通り。食べたいだけなら、
別に市販の豚肉を食べればよかったのだ。

名無しさん ID:0TIEdxHYt
これは最初から食べるの目的だった、悪質な詐欺師だと思ったほうがよさそうだね
食用にしないという書類にサインしているのであれば里親詐欺じゃん
しかしまあ、残酷な話だ
言葉にならないよ
名無しさん ID:cZngdDAwi
中国の話かと思った。
名無しさん ID:o53ScJu48
ペットとして譲渡契約したにも関わらず、食べる発想に展開する考えが本当に驚愕。最初からいい加減な気持ちで受けたんではないか。最初から非常時には非常食になるから良いかみたいな、、としたら計画的犯行によるなんと残酷な考え方。。家畜とペットとの境がわからない知能指数の高齢者だったのでは。残虐すぎて、、心が痛い
名無しさん ID:AbIucOnDY
これはもう酷いと思う。
名無しさん ID:jz5kEMIGW
ペットとして飼育する事が譲渡する条件なのだから、約束を破ったらどうするかまで決めないといけないのかも。
日本でも里親に譲ったら虐待目的だったとかある
けど、法律が緩いから器物損壊とかの軽い罪にしか問われない。
保護団体の方達の苦労が報われないね。
名無しさん ID:vFLWESBeL
”人道的な方法で殺された”?ブタなのに。
そのうち人も人道的な方法でシメたら無罪になるかも。
名無しさん ID:HLqyDXuMB
小さいときに祖父から聞いたことなのですが、祖父が子どものときにとても可愛がっていたウサギが急にいなくなった。
数日後、曾祖父が来客にご馳走としてウサギ肉を出したとのこと。あまりのショックで押し入れで泣いていたそうです。あまりにも悲しいというか、切ない
名無しさん ID:TR5aD3nlr
う~ん、本来なら生きるために家畜の命と引き換えに食肉になるのだが、保護団体から誓約書にサインしてこの有り様!
ペットとして扱うならいいけど、これはどうかと。
昔は普通に子供の飼っていたニワトリやウサギが夕方の食材になっていたのは普通だけど。
名無しさん ID:rEWcR8rVf
コーナンのペットショップでミニブタ赤ちゃん置いてて
カップルが育てられんようになったら食べたらええやんと言ったら
店員が不味いですよと言っていた15万くらいやったかなー?

-社会

Copyright© Isoまとめ , 2018 All Rights Reserved.