動画ニュース

「自分で決めた」と釈放のニュース編集者 ロシア国営テレビ生放送中に反戦抗議

投稿日:

(注意: 映像にはフラッシュの点滅が含まれます) ロシア国営テレビ「チャンネル1」の看板ニュース番組で生放送中に「戦争反対」のプラカードを掲げて拘束されたニュース編集者が15日、罰金3万ルーブル(約3万3000円)を科せられ釈放された。弁護士なしで14時間にわたる取り調べを受けたという。マリナ・オフシャニコワさんは、弁護士に伴われてモスクワ市内の裁判所を出たところで、報道陣に話した。 「取り調べは14時間以上続いた。家族や友人に連絡させてもらえず、弁護士への連絡も認められなかった」とオフシャニコワさんは英語で述べた。 抗議行動については、自分ひとりで思いついたことだと強調した。 「自分で反戦を決意しました。自分自身で決めました。ロシアがこの侵略を始めたのが嫌なので。本当にひどいことです」と、オフシャニコワさんは話した。 オフシャニコワさんは14日夜、国営テレビ「チャンネル1」の看板ニュース番組で生放送中、「戦争反対。戦争止めろ。プロパガンダを信じないで。ここの人たちは皆さんにうそをついている」と書かれたプラカードを掲げ、「戦争反対! 戦争を止めて!」と声を上げた。この抗議行動の前に、オフシャニコワさんは動画メッセージを録画。ウクライナで起きていることは「犯罪」で、侵略者はロシア、責任はウラジーミル・プーチン大統領1人にあると発言していた。

-動画ニュース

Copyright© Isoまとめ , 2022 All Rights Reserved.