経済

韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』オリンピック中に故障中→日本衛星を活用中

投稿日:

韓国の天気予報に活用されてきた衛星が2日間作動していないことが分かった。韓国日刊紙の東亜日報は13日、「韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』が2日以上作動してないことが明らかになった」とし「障害で一日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来初めてであり、日本側の衛星映像を活用している」と伝えた。

東亜日報の報道によると、11日午前5時44分ごろ「千里眼1号」のメインコンピューターが突然故障し、現在まで復旧していないという。韓国航空宇宙研究院は衛星に搭載された補助コンピューターで原因を把握中だ。ある関係者は「電子装備が長期間にわたり宇宙放射線を浴びたうえ、老朽化して問題が発生したようだ」と話した。

「千里眼1号」から映像を受けて天気予報に活用してきた韓国気象庁は日本の衛星映像を受信して天気予報をしている。特に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間であるため天気予報の重要性は大きい。ある政府関係者は「よりによって平昌五輪が開かれる重要な時期に故障し、日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」と話したと、東亜日報が伝えた。

2010年6月に打ち上げた千里眼1号は寿命が7-8年であり、すでに寿命をほぼ終えた状態だ。今年10月に粒子状物質観測機能などを搭載した新型環境衛星「千里眼2号」が1号の代わりに打ち上げられる予定だ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000031-cnippou-kr

名無しさん ID:2J2iI4l0a
逆だったら、間違いなくぼったくられると思います。
名無しさん ID:fOHUI9ey0
そのうち日本がどうしても五輪期間中に使ってくれと懇願してきたから、仕方なしに使ってやったと言い出しそう。
名無しさん ID:BwSkW8oAY
いつも韓国には笑ってしまう。
「よりによって今?」とか「今やっちゃダメなのに」とか多すぎ。
今回は違うかもしれないけど、ほとんどが人為的ミス。
きっとガソリンスタンドで給油中にタバコに火を点けちゃう人も大勢いるんじゃない?想像だけど。
名無しさん ID:NCyWVeh8O
w、、、いや、笑えないですね。。現地の選手たちにとって、、

天候、気象情報は成績どころか、

選手生命にも関わる、重要な要素です。。

名無しさん ID:9jJm9dsaN
敵国日本の世話になるのは屈辱的でしょうね。
名無しさん ID:lppY9ilID
衛星の寿命が尽きるのは分かっていた事、何故、後継衛星を打ち上げなかったんですか?
名無しさん ID:I6AonhvKC
ちょっと下衆な話ですが、使用料は前金でしょうね。
名無しさん ID:Ucg0nnpir
まさか只で使っているのではないだろうな?
名無しさん ID:6iVDmtiQh
詳細なデータを得るためにはその方がよかったでしょ
国民も納得できるいい理由ができてよかったね・・・って、わざと ?
名無しさん ID:sZ62ArsSg
故障って直せるの?
名無しさん ID:dusNytyiW
>2010年6月に打ち上げた千里眼1号は寿命が7-8年であり、すでに寿命をほぼ終えた状態だ。今年10月に粒子状物質観測機能などを搭載した新型環境衛星「千里眼2号」が1号の代わりに打ち上げられる予定だ。切替のタイミングが遅いのではないですか?

もっと余裕をもって打ち上げる、もとい、打ち上げを依頼すべき。

名無しさん ID:3SW0kAgON
なんだかんだ言っても、日本がお世話してあげないと駄目なのかな、韓半島は。と、思わせる出来事ですね。
名無しさん ID:fYBCkFanC
まずネーミングが千里眼っていうところが面白いわ。気象予報用の人工衛星でどれだけ自信過剰だよ。自分なんか駒場のラーメン屋を思い出しちゃった。しかも故障中で千里どころか一里も見えないし(笑)
名無しさん ID:YnYrLDuqA
また宇宙ごみが一個増えたナ。
名無しさん ID:asE3LJoYq
日本のせいにされそう。
名無しさん ID:waPtZIy0o
千里眼…
みえてないんですね。
名前負けですか。
使用不可になる前に手をなぜうたない?
名無しさん ID:Igv5ZNrye
元々信頼性もなく役に立ってなかったやん。
名無しさん ID:UlaIZTk64
2010年に打ち上げて寿命は7~8年。次の衛星打ち上げは今年の10月。
バックアップというか、寿命を迎える前に次の衛星が宇宙で待機してないと観測の空白期間を作ってしまう。
予算的な要因あるけど、問題になること、わかってたでしょ。
名無しさん ID:7rPkYYeFU
>2010年6月に打ち上げた千里眼1号は寿命が7-8年であり、すでに寿命をほぼ終えた状態だ。今年10月に粒子状物質観測機能などを搭載した新型環境衛星「千里眼2号」が1号の代わりに打ち上げられる予定だ。んなアホな!?これってネタか?

でも今回のウリンピゲの体たらくを観たらとても笑えんな。選手が可哀そうだし、そんなの打ち上げ当時に解ってた事じゃないか。賞味期限が6月までだからって打ち上げ費用ケチって腹壊した、なんてオチにならんぞ、コリァ。

天気が一番の懸案事項である冬季五輪に、当たり前のリスクシミュレーションができていなかったとはとんだ不始末。これも全て「こりぁ、ダメだ」のこりあクォリティーってやつか?

名無しさん ID:PQc9qWzIR
10月って・・・故障が解消されなければ8ヶ月以上も日本の衛星を借りるつもりなのだろうか? 長期の機能停止ができないシステムや機構にて、2機一組や寿命前半期で予備機を入れ替わり待機させるとかの概念はないのだろうか?

-経済

Copyright© Isoまとめ , 2018 All Rights Reserved.