社会

旧日本軍の「朝鮮人慰安婦」虐殺映像が不自然な理由

投稿日:

ソウル市が三一節(抗日独立運動記念日)99周年を記念して27日に開催した韓日中「日本軍慰安婦国際カンファレンス」で、旧日本軍の朝鮮人慰安婦虐殺を見せる映像を初めて公開した。

終戦前の1944年、中国雲南省騰沖で朝鮮人慰安婦が虐殺されて捨てられる場面を見せる19秒間の白黒映像だ。ソウル市とソウル大人権センターが2016年と17年の2回、米国立公文書記録管理局(NARA)を訪問して資料調査と発掘作業を行った結果、撮影から70余年後に映像が公開された。

映像には朝鮮人慰安婦が旧日本軍によって殺害された後に捨てられる残酷な場面が映っている。周辺では遺体を埋葬しにきたとみられる中国軍兵士2、3人の姿も見える。連合軍164通信隊写真中隊のボルドウィン兵士が1944年9月15日に撮影したもので、映像の場所は中国雲南省騰沖と推定される。

ソウル市とソウル大人権センターはこの映像資料1点をはじめ、写真資料2点、当時の米中連合軍が作成した作戦日誌をはじめ、旧日本軍の慰安婦虐殺を裏付ける文書14点も共に公開した。映像と共に公開された連合軍情報文書には騰沖が陥落する直前の1944年9月13日夜、旧日本軍が朝鮮人女性30人を銃殺したと記録されている。旧日本軍が慰安婦を虐殺したという証言、記事などが公開されたことはあるが、朝鮮人慰安婦を含む旧日本軍の慰安婦虐殺現場が撮影された映像が公開されたのは今回が初めて。

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は「国を失って力がない祖国で女性と少女がどんな苦痛を経験したのか、あまりにも胸が痛む現実を私たちは直視している」とし「このような不幸な歴史も記録して記憶してこそ二度と繰り返さないだけに、今後もソウル市が可能なすべての力と資源を集中し、歴史を記憶して正す作業に率先していく」と述べた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000029-cnippou-kr

名無しさん ID:KSnCYluac
信憑性が薄そう
名無しさん ID:WY3eYrnI1
当時は大変貴重だったフィルムをそんな映像を撮るために使うはずない。
撮影者は誰に見せるつもりだったのか?
日本を敵とする人たちのプロパガンダか、あるいは中国軍に虐殺された民間人を記録したものかだと思う。
名無しさん ID:iFeEcqxK0
UFO 、雪男、ネッシー、ツチノコ、南京大虐殺
イアンフー どれも面白おかしい目撃情報と、合成写真しか出てきてない都市伝説だろー!
名無しさん ID:uLUgcwqiQ
米軍写真兵が、日本帝国軍の写真を撮る?同じ場所に米兵と日本兵が居合わせてるのが、非常に不自然なんだけど。
名無しさん ID:kaosYC9PH
フィルムの年代測定の鑑定をすべき
それに人種の特定
あとは合成かどうか証拠がなければ証拠にならない

名無しさん ID:3yKipAuSE
精査したら別物でした…
そんなパターンが多い。
名無しさん ID:SXeubHdpw
病気だね
名無しさん ID:BlBkDFyst
反日がんばって。
それで、合意はいつ履行すんの?明日?
名無しさん ID:rK5wpLgYk
ケッコー鮮明だね。昨年に制作したな…。
名無しさん ID:DQL9pRaxa
こんな事に使う労力は半端ないな。これを証拠として訴えたら?
名無しさん ID:Cvw1fbug6
疑問があるのですが、何故、日本軍と中国軍・連合軍の兵士が一緒にいて、戦闘になっていないのでしょうか?当時、日本軍と中国軍・連合軍は交戦していたはずですよね。

名無しさん ID:OBbDfgnPV
この写真からなぜ虐殺とわかるのか。先入観で判断し過ぎ。
名無しさん ID:aim3sfxQU
オリンピック終わって
さっそく。
名無しさん ID:mo2FslqpK
どうやって虐殺の場面を撮影したの?終戦前なら連合軍がその場面を撮影って相当難しいし、盗撮じゃないと出来ないでしょ?結構疑問が残る内容ですな。
名無しさん ID:yuHisqkXA
これが本物だとしたらお前達がベトナムでやった事はまだまだひどいのじゃないのか??
名無しさん ID:VbTHGpuZy
何で今頃になって初めて公開?
やっと、出来の良い合成写真が出来上がったという事でしょうか?
本当にあったのなら、もっと早くに公開するでしょう。
今頃、公開したことを後悔している?
名無しさん ID:7hykGvnxo
何でも、旧日本軍の責任に
すれば良いってもんじゃ無い。
名無しさん ID:jneWFAg5e
別の画像だろうね。フェイクは当たり前。
名無しさん ID:1LAL7yB8b
フェイクニュース。
名無しさん ID:Ra5YTFkF2
それが本物だと証明する方法は?

-社会

Copyright© Isoまとめ , 2018 All Rights Reserved.